MVNOとip電話

MVNOとip電話

2016年06月21日 12時33分

携帯電話が普及して以来、今では一人一台といわれるまでになりました。あなたのお持ちのスマートフォンは、大手通信キャリアのものでしょうか。たいていの人は、大手通信キャリアが販売しているスマートフォンを購入して購入時に契約プランの説明を受け、そのプランに加入をして、利用しているという人がほとんどでしょう。

かつてのガラケーよりもスマートフォンになったことで通信量が増えた為に多くの人がほぼ必須で料金定額制の加入をしなくてはならない状況です。むしろ、定額制に加入しなかった場合は、際限無く料金が加算されて大変なことになってしまうかもしれません。

また、スマートフォンになって機能がより広がったことで、メールばかりでなくSNSなどでのコミュニケーションをとりやすくなりました。通話というものは、これまでに比べるとあまり使わなくなったかもしれません。

IP電話を上手く使う

最近では、MVNOを活用した格安SIMといわれるSIMカードが発売されるようになり、通信だけであれば速度の制約などはあるものの料金を抑えて低額利用ができるようになってきました。しかしながら、基本はメールやSNSで用事は済むけれども、お店の予約や、相手の番号に電話したい時など、まったく通話ができないというのは不便と感じることもあるかもしれません。

そんな時はIP電話を活用すると良いでしょう。IP電話であれば、通信ができる環境にあれば、通話をすることができます。あらかじめ利用にあたって登録・契約が必要になりますが、契約時に自分独自の番号を発行してもらえるので、相手にもその番号を伝えれば普通の電話と同じように自分の番号に電話をかけてもらうことができます。

まとめ


IP電話のサービスが立ち上がった初めこそ音質が劣るなどの指摘もありました。最近ではだいぶ改善されてきています。MVNOという活用によって通信のみでなく、IP電話もさらに活用すれば、従来の携帯電話と変わらない環境をより低額に実現することができるのでいろいろと活用してみると良いですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME MVNOで安い通信費 mvnoのBIGLOBE auを利用したMVNO ドコモのMVNO比較 MVNOとip電話